1. HOME
  2. ニュース
  3. 「やきとり缶詰」が「宇宙食」になりました!

    ニュース

「やきとり缶詰」が「宇宙食」になりました!

その他2019.11.15

株式会社ホテイフーズコーポレーション(静岡市清水区、代表取締役社長:山本達也)では、おつまみやおかずとして食卓でおなじみの「やきとり缶詰」が宇宙食になりました。「ホテイやきとり(たれ味)宇宙用」「ホテイやきとり(柚子こしょう味)宇宙用」として、10月25日にJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)の「宇宙日本食」認証を正式に取得しています。これまで缶詰としては魚肉での事例はあったものの「食肉缶詰」としては国内初の認証となります。宇宙日本食は2019年10月25日現在で20社・団体、36品目が認証されております。

 

■「宇宙日本食」とは

宇宙生活において、食事は単なる栄養補給に留まらず、宇宙飛行士にとっては娯楽の一つとしてストレス緩和の側面を持ちます。そのため、基本支給される宇宙食の他に、各国の宇宙飛行士に合わせたその国ならではの宇宙食の開発が進められてきました。これが日本の場合、JAXAが認証する「宇宙日本食」となります。

 

■市販品が「宇宙日本食」の認証取得は稀有

宇宙日本食は「宇宙空間で飛び散らない」「常温で1年半以上の賞味期限」「限られた設備で調理可能」といった基本条件の他、「宇宙日本食認証基準」を満たすべく、書類審査や1年半の保存試験、JAXA立会いの工場検査など厳しい条件を乗り越えなければなりません。そのため、これまで認証された宇宙日本食の多くは宇宙専用商品であったり、市販品の仕様や製造工程、包材などを宇宙用にカスタマイズしています。

しかし、当社の「やきとり缶詰」は、市販品が基本条件をクリアしているだけでなく、製造工程、特に衛生管理面もJAXA基準を満たしており、申請から2年7ヶ月で認証取得にいたりました。

やきとり缶詰の場合、宇宙日本食と市販品の違いは基本的にデザインが施されているか無地缶(別紙参照)かということだけであり、地上で普段食べているものと同じクオリティのものを宇宙空間で食べることができる、ということです。言いかえれば、普段何気なく食べているやきとり缶詰が実は宇宙食レベルで管理されている安心安全な食品ということになります。

 

■「やきとり缶詰」が宇宙へ

今後、野口宇宙飛行士や星出宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに滞在する際に宇宙日本食として食べられる予定です。輸送日程が確定次第、当社より後日お知らせいたします。

 

■「宇宙日本食」ロゴマーク入り商品の発売

「宇宙日本食」の認証を取得した商品は、専用のロゴマークの使用が認められており、当社では、たれ味、柚子こしょう味の2品の缶に「宇宙日本食」マークをデザインした特別バージョンを2020年の初頭に全国販売する計画です(別紙参照)。詳細は別途、お知らせする予定です。

 

ISSで使用される「無地缶」。

ベルコインフックと呼ばれるマジックテープ状のものが付いており、無重力空間でもどこかにいってしまわないように工夫されている。

 

  

「宇宙日本食」のロゴマークをデザインした市販品。
たれ味、柚子こしょう味の2種類のパッケージデザインを変更し、期間限定で、全国販売予定。

(上記画像はダミーとなります。印刷缶は12月完成予定です。)

TOPへ
戻る